恋活パーティーに役立つテクニック(第4回)

いま話題になっている恋活パーティーですが、漫然と参加しただけでは成果が得られないこともあります。では、どのようにしたら成功できるのでしょうか。

まずは、限られた時間を有効に使うことです。具体的には、会場には早めに到着することがポイントとなります。開始時間より余裕を持って受付することで、後から来る参加者をチェックすることができます。

参加者の多いパーティーでは好みの異性がどこにいるかわからなくなってしまうこともしばしばあります。そのため、タイプだと思った参加者がいたら、その人の位置を確認してすぐにアプローチできるようにしておくと良いです。

また、早めに到着することで身だしなみの最終チェックをすることができます。短い時間で相手に好印象を与えるには、外見を整えることはとても重要になります。

そして、こういったパーティーではプロフィールカードを記入して、それをもとに進めておくことが多いため、余裕を持ってカードに記入できるというメリットもあります。読みやすく丁寧な字でカードを書くことで、相手からの印象も変わってきます。

では、実際にパーティーが始まったらどんなことを気をつけたらいいのでしょうか。

たくさんの人と知り合うお見合いパーティーでは、短時間の会話で相手に自分のことを印象付ける必要があります。ならばどのように接するのが好まれるのでしょうか。

まず、男女ともに笑顔が基本となります。にっこり笑って挨拶することで、相手の警戒心を和らげることができます。

また、会話の最中はなるべく相手の目を見るようにしましょう。特に相手が話している時はあなたの話をちゃんと聞いていますよ、というサインにもなります。

相手の目を見るのが苦手、という人は会話の要所要所でアイコンタクトを取るようにするだけでもぐっと印象が良くなります。そして、適度な相槌を打ってあげることで相手が話しやすく、会話も弾みます。会話を弾ませるためには、質問を投げかけることも大切です。

会話のきっかけになる質問だけではなく会話を広げるためになぜ、やどんな、などを織り交ぜた質問をしてみましょう。そして、会話を弾ませるために日ごろからニュースや芸能、音楽やドラマなど色々な方面にアンテナを張り巡らせておくことも必要です。

更に、会話していくうちに相手との共通点がみつかったら、そこから話を広げていきましょう。相手と似ている面が見つかることで、安心感が生まれ、リラックスできることは心理学でも証明されています。

趣味や好きな食べ物、テレビ番組や休日の過ごし方など、些細なことで構いませんので、お互い頷けるような物事を探してみましょう。そうすることで、相手に好印象を与えることができます。そして共通点を見つけたらすかさずアピール、この繰り返しです。

ちょっとまだそこまで自信がないよ…という方。もっと簡単な方法を2つ伝授しましょう。

ひとつは“聞き上手になる”ことです。相手の話を聞きつつ、質問を挟むことができたら完璧です。

もうひとつは“相手を褒める”ことです。単純なようですが、これが効果絶大なのです。褒められて嫌な気持ちになる人はいません。大げさにならない程度に相手を褒めてみましょう。

この2点だけでかなり相手に印象付けることができるようになります。

できることから始めていきましょう。幸運をお祈りします!